2021年01月01日

あけまして2021

2021年の年が明けました。
旧年はいろいろと皆さまありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は仕事が立て込んで年賀状も書けない事態に…
当ブログも昨年11月以来更新できず,いくつか大きな出来事も積み残し
それを回収するような1年を振り返るエントリもまとめる余裕はなく

あけおめエントリーも年末中に仕込み仕上げたいところでしたが
せめて1月1日中にupしようと,ちょっと仕事に一区切りついたところで
今年の干支にちなみ,ウシのつく動物を5つ選んで紹介し
年初のご挨拶とさせていただきたいと思います。

まずは ウシ!
210101_干支_千葉市動物園170528 (224)ウシ.JPG
生きたウシに会うのは,ほぼすべて動物園でですね
近年ですと印象にあるのが千葉市動物公園や埼玉こども動物自然公園でしょうか。
こちらの写真は千葉市動物公園から。

ウシバナトビエイ!
210101_干支_葛西臨海200223o (51)ウシバナトビエイ_顔.JPG
4年前,あまりに印象的な顔立ちとそのつくりを生かした
珍しい行動にほれこんで,3本ほどエントリを書いた(描いた)ものでした。
こちらの写真は葛西臨海水族園にて。

【生き物】 顔面変形?!ウシバナトビエイ

【フレンズ化してみた】 #さかなフレンズ 擬人化・ウシバナトビエイちゃん

【フレンズ化してみた】 フレンズ版 #さかなフレンズ ウシバナトビエイちゃん
 (調整バージョン)

年明け早々に投稿したあけおめツイートに載せた
(タブレットのローカルに写真が保存されていた唯一の「ウシ」生物)
ウシエビ
210101_干支_うみの杜_200125o (1161)ウシエビ.jpg
英名「black tiger prawn」
って,トラかよ!
というか,料理にクルマエビと同等のエビとして出回っているブラックタイガーがこれなんですね。
こうして見るとなかなか堂々とした風格(おいしそう)。
写真は昨年1月に初訪問した仙台うみの杜水族館にて。


ウシモツゴ
210101_干支_東山zooメダカ館_151011 ウシモツゴ (52).JPG
この魚に出会ったのは東山動植物園の世界メダカ館とアクアトトぎふ。
愛知・岐阜に集中したのはたまたまじゃなくて,愛知・岐阜・三重県に分布が限定される希少種なんですね。
環境省レッドリストで絶滅危惧IA類 (CR)に指定される絶滅危惧種。
写真は東山動植物園世界メダカ館にて撮影

そして最後にウシとつく動物の中ではおそらく一番の知名度
ウシガエル
210101_干支_キモい展170620oソラマチ (50)アフリカウシガエル.JPG
絶滅危惧種の「ウシ」もいれば,特定外来生物の「ウシ」も。
子どもの頃には魚獲り・生き物獲りの「大物」として身近な存在だったんですけどね…
本家の北米原産ウシガエルの写真はいいのがなかったので
こちらはアフリカウシガエル。こちらは特定外来生物には指定されていないんだな
と思っていたら,ウシガエル(Rana catesbeiana)はアカガエル属,
アフリカウシガエル(Pyxicephalus adspersus)はアフリカウシガエル属でちょっと類縁関係は離れているんですね

ウシガエル〜国立環境研究所侵入生物データベース

特定外来生物等一覧〜環境省


私,正直な個人の気持ちとして
今世紀に入ってからだけでも,今年は大変なことが起こってしまったな
新年に皆があけましておめでとうと言っていたころにはだれもこんなこと
想像もしていなかったんだよなと思い知らされる出来事が幾度となく起こってきて
新年を迎えても無垢にうれしく祝うのがちょっと難しかったりしているんです。

でも,今よりもっと皆が明日をも知れない暮らしを営んできた時代こそ
お正月には生きて歳を越せた,皆で1つ歳を重ねることができたことを祝い
感謝してきたわけなんですよね

だから,世の中がこんな状況だからこそ
ほんとうに皆が健康で充実した1年を過ごせますよう
お正月に願いたいと思います。

本当は昨年内から新年の目標や抱負などきちんと考えていないと
なんですが,ほんとに今仕事がいっぱいいっぱいで…
まずは立て直すことが目標です。

本年も皆さまよろしくお願いいたします。









posted by ドージマ・ダイスケ at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人