2020年01月19日

【行ってきた】ペンギン!マンボウ!志摩マリンランド

前回のエントリで伊勢シーパラダイスに行ってきた際の話と写真をupしましたが
三重県つながりで,昨年初訪問していながらupしそびれていた
志摩マリンランドの写真を上げておきたいと思います。


200119志摩マリンランド_01_190331o (6)前景.JPG
近鉄賢島駅から徒歩2分!
「伊勢神宮参拝きっぷ」がお得だったので利用しました。
 ※前売りのみで当日は購入できないので注意

200119志摩マリンランド_02_190331o (8)入ったところ_ペンギン島と水族館.JPG

入場するといきなり眼前に広がるのがペンギンたちの飼育展示「ペンギン島」。
200119志摩マリンランド_10_190331p (61)ペンギン島.JPG

ここで見られるペンギンは2種類。


フンボルトペンギン

200119志摩マリンランド_11_190331p (1)フンボルトペンギン.JPG

泳ぐフンボルトペンギン
200119志摩マリンランド_15_190331p (17)フンボルトペンギン_泳ぐ.JPG

フンボルトペンギンのお食事タイム
200119志摩マリンランド_16_190331p (158)フンボルトペンギン_えさやり.JPG

200119志摩マリンランド_17_190331p (159)フンボルトペンギン_えさやり.JPG

投げられた魚をキャッチするフンボルトペンギン
200119志摩マリンランド_17-2_190331p (164)フンボルトペンギン_えさやり_キャッチ.JPG

フンボルトペンギンのお散歩タイム
200119志摩マリンランド_18-1_190331p (136)フンボルトペンギン_おさんぽ.JPG

200119志摩マリンランド_18-2_190331p (102)フンボルトペンギン_おさんぽハードル.JPG

200119志摩マリンランド_18-3_190331p (113)フンボルトペンギン_おさんぽ.JPG

志摩マリンランドのフンボルペンギンは近鉄とのコラボ「ペンギン列車」の企画を10年にわたって開催しています。


■そしてもう1種類がケープペンギン

200119志摩マリンランド_21_190331p (49)ケープペンギン.JPG

泳ぐケープペンギン
200119志摩マリンランド_22_190331p (24)ケープペンギン_泳ぐ.JPG


200119志摩マリンランド_25_190331p ケープペンギン4コマ.JPG

つがうケープペンギン
200119志摩マリンランド_26_190331p (30)ケープペンギン_巣のつがい.JPG

キングペンギンがいる(いた)という情報も見られますが現在はこの2種類です。


■水族館屋内に入ると,魚をじっくり見られる展示で,魚たちともよく目が合いました。
200119志摩マリンランド_30_190331o(19)水族館.JPG

入口近く,順路の冒頭「古代館」
ポリプテルス,ロングノーズガー
200119志摩マリンランド_34_190331正面顔o834ポリプテルス_828ロングノーズガー_846豪州ハイギョ_849アミア.JPG
オーストラリアハイギョ,アミア


エビスダイ  コガネシマアジ
200119志摩マリンランド_31_190331o262エビスダイ_78コガネシマアジ_78ハタタテダイ_39テングハギ.jpg
ハタタテダイ  テングハギ

ゴンズイ  コクテンフグ
200119志摩マリンランド_33_190331正面顔o172ゴンズイ_213コクテンフグ_143ネンブツダイ_130クエ.jpg
ネンブツダイ  クエ

ユメカサゴ  シマソイ
200119志摩マリンランド_33_190331正面顔o258ユメカサゴ_249シマソイ.JPG

ヘラヤガラ  トラザメ
200119志摩マリンランド_36_190331正面顔o62ヘラヤガラ_806トラザメ.JPG

アケボノハゼ  ハマクマノミ
200119志摩マリンランド_37_190331正面顔o555アケボノハゼ_337ハマクマノミ_116コバンザメ_363オニオコゼ.JPG
コバンザメ  オニオコゼ



●屋内エリアの中心で1階から2階を貫き,約2500匹の大形魚が泳ぐ回遊水槽。
200119志摩マリンランド_30_190331o(18)水族館.JPG

200119志摩マリンランド_40_190331o(444)回遊水槽_海女餌やり.JPG
「海女の餌やり」が生き生きとした魚の行動を引き立てていました。
200119志摩マリンランド_41_190331o(456)回遊水槽_海女餌やり.JPG


●タッチング水槽のフロアは,
定番のヒトデ・ウニやエイなどのほか,イヌザメ,トラザメ,クラカケトラザメ,アオウミガメなど。
ドクターフィッシュ・ガラルファ水槽も
200119志摩マリンランド_62_190331o (720)アオウミガメ_タッチプール.JPG

200119志摩マリンランド_61_190331o (727)クラカケトラザメ_タッチプール.JPG


●平成最後の年ということで,こんな企画もやってました。
200119志摩マリンランド_65_190331o (703)水族館で振り返る平成の時代.JPG
「水族館で振り返る平成の時代」

どういうことかというとこんな感じ
200119志摩マリンランド_66_190331o(666)平成きんさんぎんさん他.JPG

200119志摩マリンランド_67_190331o (663)平成伊勢志摩サミット.JPG

200119志摩マリンランド_67_190331o (654)平成を振り返る_サラサゴンベ・シマヒメヤマノカミ.JPG


●「淡水魚・希少魚コーナー」は金魚や地元の淡水魚,希少種を展示。
200119志摩マリンランド_72_190331o(761)高校コーナー.JPG
ギンブナ・オイカワ・ヌマムツ・アブラボテ・シマドジョウ・ヤリタナゴ・ヒナモロコ・アユモドキ・ネコギギ・カワヒガイなど

三重県立水産高等学校 生物部とのコラボコーナー
200119志摩マリンランド_72_190331o (736)高校生水族館.JPG

200119志摩マリンランド_73_190331o (753)アユモドキ.JPG
アユモドキ


●マリンランドの看板でもあるマンボウは順路の最後「マンボウ館」にて。
200119志摩マリンランド_75_190331o (762)マンボウ.JPG

200119志摩マリンランド_76_190331o (766)マンボウ.JPG


200119志摩マリンランド_71_190331o(782)大脱走した奇跡の金魚.JPG
「大脱走した奇跡の金魚」
200119志摩マリンランド_78_190331o (780)大脱走した奇跡の金魚.JPG


200119志摩マリンランド_80_190331oo (867)展望.JPG
最後には英虞(あご)湾に臨む屋上展望所も。


マンボウの泳ぐ水族館 志摩マリンランド
SHIMA MARINELAND

https://www.kintetsu.co.jp/leisure/shimamarine/

オプション体験でバックヤードツアー,ペンギンタッチあり(要メール予約,各300円)
ほか団体向け企画も。















posted by ドージマ・ダイスケ at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

【行ってきた】ふれあいレベル高すぎ!伊勢シーパラダイス

もう1月も半分を過ぎて下旬近くなってしまいましたが
年始に行ってきた水族館の報告♪

愛知県犬山市の日本モンキーセンターに続いて,
2020年2発目の今回は三重県伊勢市二見江の
伊勢シーパラダイス

最寄り駅JR二見浦駅から続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:24| 東京 🌁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

【行ってきた】2020年年初一発目は日本モンキーセンター

私,昨年の動物園・水族館訪問は

葛西臨海水族園
サンシャイン水族館
鴨川シーワールド☆
油壷マリンパーク☆
大阪海遊館
志摩マリンランド☆
埼玉県こども動物自然公園☆
須磨水族館
マクセルアクアパーク品川
京都水族館
花園教会水族館☆
小諸市動物園☆
アドベンチャーワールド
京大白浜水族館☆
(☆は初訪問)

と,アドベンチャーワールドを除いても水族館が11/14を占める比率になったのですが
今年の園館訪問は,
202001 犬山モンキーセンター_01_0103s (2)入園ゲート.JPG
日本モンキーセンター(愛知県犬山市)から。

私,尾張は続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

あけましておめでとうございます<令和2・2020>

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年,令和2年 西暦2020年はネズミ年ということで
ネズミとネズミと名のつく動物の写真をupして本年最初のエントリとしたいと思います。


カピバラ

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人