2018年06月10日

手塚治虫文化賞2018贈呈式行ってきました/(1)ゴールデンカムイの世界


5月の大型連休中に八景島に行った報告をうpした後、この1か月余り、ペンギン4コマを描いたり(Twitterとpixivにはうpしましたがこちらには上げてなないです)各種イベントに出かけたりで、インプットはあるのですがアウトプットができていない状態が続いていました。

久々更新の今回は、6月7日(木)に浜離宮朝日ホールで開催されました第22回手塚治虫文化賞贈呈式・記念イベントに行ってきたレポートを上げたいと思います。
本イベントは、過去第14回(大賞:『へうげもの』)、第15回(大賞:『JIN-仁』、『竹光侍』)、第18回(大賞:『3月のライオン』),第19回(大賞:『逢沢りく』)と観覧してきて、今回は久々の参加。
17時開場18時開演ということで早めに会場に行ってみると、
これまでの会場フロアからエスカレーターで上の階に案内され。
一般客300人を招待できる広いホールに会場を移したんですね
(1階席の前3分の1のブロックは関係者招待席)。

絵はがきセット、クリアファイル、記念ピンバッジガチャが販売される物販の列に並んだ後、
全席指定で渡された番号の席で待機。時間がきてイベントは始まりました。
手塚治虫文化賞2018_冊子・グッズblg.jpg
(サイン入りイラストパネルとかアイヌ関連実物資料など
 いろいろいいものが展示されていたのですが
 スマホを忘れて写真が1枚も撮れないという大失策;><)


朝日新聞社長のあたりさわりのない
各賞受賞作品についての紹介、
来賓祝辞で手塚プロダクション松谷社長からのざっくばらんな激励
(いつも来られている手塚眞さんは映画撮影中とのことで欠席)
手塚治虫文化賞2018_朝日新聞社長.jpg

手塚治虫文化賞2018_手塚プロ社長.jpg
「ゴールデンカムイ、主人公と女の子のコンビということで、
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 14:26| 東京 🌁| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人