2017年04月29日

【オリフレ】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)

アニメが放送完結しても動物園とのコラボ企画が大盛況,グッズ販売はshopが空になるなどブームの火が広がりつづける『けものフレンズ』,私も遂にというか人生初めて映像作品のディスクを注文しちゃいました。(初めてがこれてw…だってこれ『公式ガイドブック』なんだよ…円盤付きの…本は買いたい派なんだよ)

そんな『けもフレ』に絡み、公式も歓迎しているということから、これまでウシバナトビエイをはじめ、スナドリネコ、ハリスホーク、キングサーモンといった生き物を「フレンズ化」してきました(オリジナルフレンズ=オリフレ)。

当ブログにはイラストだけ載せるのはちょっと違うかなというがあって、最近数作はpixivやツイッターへの投稿が続いてきましたが、今回、イラストと生き物雑学マンガのセットが1つ揃いましたので、こちらアップいたします。

マゼランペンギンの「ラン」ちゃん
オリフレ図鑑マゼランペンギン500px.png
アニメ本編に登場するペンギンのアイドルユニット「PPP」(ペパプ)の一人フンボルトペンギンの「フルル」のいとこで後輩(PPPの研究生)という設定。
妹キャラの甘えっ子ですが、南アメリカ大陸最南端のフェゴ島から西側では長いチリを越えてペルーまで、東側ではフォークランド諸島やブラジル南部まで、移動・分布し冬を遠洋上で過ごす遠距離お出かけ大好きのアウトドア派。


ケープペンギンの「ケイ」ちゃん
オリフレ図鑑ケープペンギン500px.png
アフリカ大陸に唯一生息するペンギンで別名アフリカンペンギン。
マゼランペンギンと同様フンボルトペンギンとは近縁にあたります。タンカー座礁による原油流出事故の被害を受けて度々ニュースになる一方、町中にやってきて子育てするなど人間の進出に対する適応を見せています。そしてマゼランペンギンとは逆に定住性が強い一面を持つということで、この「ケイ」ちゃんも都会派のインドア派。


PPPジャッカス1 ケイ&ラン550px.png

pixivへのリンク 「ラン」 「ケイ」 マンガ

マゼランペンギンとケープペンギン、そしてフンボルトペンギンの3種はいずれもフンボルトペンギン属(Spheniscus属)に属し、これら3種をまとめて1種類と見なす説もあるとのこと。
飼育下で容易に雑種繫殖してしまうだけでなく、フンボルトとマゼランの生息域が重なる南米では野生でも雑種個体が見られるそうです。


二次創作で公式の設定にオリジナルキャラを絡めるのって、作品世界にずかずか踏み込む感じで怖いというか、あまり受け入れられないだろうなと思うのですが、やっぱ描きたかったので…。
もともとは、けもフレ未登場のペンギンを5種類フレンズ化してPPPのシャドウユニットをつくろうと思っていたのですが、先週吉崎観音先生が突然キングペンギン(オウサマペンギン)のフレンズをツイッターにうpされて、急いで描かないとマゼランとケープのフレンズも「本物」が出現してしまう!!!
※今回のキングのフレンズ化は、けものフレンズとのコラボ企画が始まった東武動物公園にキングペンギンがいるからですねきっと。

…ということで先週末の間にランとケイのイラストを描いてうpし、マンガもウィークデーの間に描き進めて今日うpした次第です。
まあ先に描いたからって吉崎先生が公式のマゼランペンギンやケープペンギンのフレンズを描かれたらそれまでなんですけど、そうなったとしても悔いはない。^^

ペンギンガイドブック
藤原 幸一
阪急コミュニケーションズ
※写真豊富で1種類ずつ丁寧な解説。ペンギン本として定番感ありますねえ。翻訳本なので英文も併記

posted by ドージマ・ダイスケ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

【行ってきた】 2017日本観賞魚フェア(江戸川区)・金魚&ディスカス編

4月。中旬ど真ん中の頃にめっちゃ気温の高い日が続きましたね。関東では5日連続夏日の観測史上4月のタイ記録とか。
家の中はけっこうひんやりしてるんですけど,さすがにコタツは暑いですね…とりあえず,もこもこの毛布タイプ布団は外しました。

さて表題の件。
東京都江戸川区はタワーホール船堀(都営新宿線「船堀駅」下車すぐ)で行われました
観賞魚フェアに今年も行ってきました。
1704 江戸川区観賞魚フェア1.JPG

第35回日本観賞魚フェア(江戸川区HP)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/odekake/event/kanshofair.html

このイベント,入場料が1000円いるんですよね〜(※小学生以下無料)
区の農産係窓口やコミュニティ会館などで500円引き割引券を配っているとのことでしたので,
だめもとで会場裏約200mの所にある勤労福祉会館に行ってみたら土曜も空いており2階窓口で割引券ももらえました。


そんなこんなで続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

【生物オリンピック】 2017年イギリス大会 日本代表決定!

今年は3月下旬に天気が晴れず冷たい日が続いたせいもあり桜の開花が全国的に遅く,その分関東でも4月半ばまで花が続きましたね。

170416 桜松戸.JPG

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

【1コマ】 鳥羽水族館で初めて知ったこと #ジュゴン

4月に入り,学校や職場も本格的に新年度という季節,桜も3月下旬に冷え込んだことから開花まで待たされた感がありますが,この1週間で一気に関東以西ではソメイヨシノが満開まで勢いよく咲いてきていますね。

前回の更新から早くも1週間近く経っておりますが,鳥羽水族館シリーズとして1コマ,追加したいと思います。

ジュゴンジュゴン170408.png

Wikipediaを見るとアフリカ東岸からインド西岸,東南アジア,沖縄の海あたりまで広く(ただし局所的に)生息するジュゴン,数万頭単位でいるようですけれど,飼育されているのは世界で4水族館だけ(もちろん日本では鳥羽水族館の「セレナ」1頭だけ)。
1日に体重の1割ほどの水草を食べる餌の調達が難しいからでしょうかね…。

ちなみに続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 09:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

【フレンズ化してみた】 鳥羽水族館 スナドリネコちゃん

さて,前回は先日訪問しました鳥羽水族館の感想レポをupしましたが,今回は,今一部世間でも私の中でも超盛り上がっている『けものフレンズ』に関連して書いていきたいと思います。

先日,東京都 羽村市動物公園に行った際も,同アニメに登場するフレンズの動物を軸に書かせていただきましたが,そんな感じで鳥羽水族館在住のフレンズたちを紹介しまして,1つ,元祖けものフレンズ未登場の動物をオリフレさせていただきたいと思います。

ではどうぞノ
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ド素人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

【行ってきた】種数No.1!ジュゴンは来館30年!鳥羽水族館

先日upしました大英自然史博物館展,その日に名古屋に移動しまして,翌日,鳥羽水族館に行ってきました!
過去に鳥羽水族館に行ったのは,学生時代に合宿の帰りに寄ったのと,社会人になってからの計2回。

1703 鳥羽水族館01.JPG

1703 鳥羽水族館02入口.JPG
Wikipediaを見ると今の建物が完成したのは94年(平成6年)とのことで(公式サイトの「変遷」に平成24年(2012年)という年が出てくるんだけど何の年なのか説明なし。…このページを更新した日?),その後に1度来ているはずなのだけれど,今回来た鳥羽水族館の様子はなぜか当時の記憶と全く重ならなくて,でけえ!豪華!という印象が新鮮な1日でした。行き帰りの都合で滞在できたのは5時間半で,その間めいっぱい見て回りましたけど,例によって最後のほうは駆け足で回らざるを得ず(;^_^)。飼育種数が約1200種で日本一,6時間いたとしても1時間で200種になる計算。今回1300枚以上写真を撮りましたけど,種数としては全体の2,3割くらいしか撮れていないんじゃないかしら

そんな鳥羽水族館,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 09:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人