2016年11月23日

【4コマ】 カバは何種類?

キリンの分類に関するニュースについての漫画シリーズ,最初は9月に始まって,前回からも1か月経ってますけど,これでひとまず完結,第5弾です。よろしくです(^o^)ノ

【4コマ】 ゴリラは東西2種  (09/26) 
【4コマ+α】 ではシマウマは (09/28)
【4コマ】 ゾウ・サイは何種類? (10/20) 

※前回のゾウ・サイの話と合わせてpixivにもupしました。
 欄外に補足コメントがついていて,画質的にも見やすいと思います


キリンは4種-5-カバとコビトカバ.png

カバって,あの顔インパクトありますよね〜。
泳ぎながら外を見たり息ができるよう目や鼻の穴が顔の上に突き出てたり
口が前後にも横にも大きく広がって大きい牙が伸びてたり。
それに比べるとコビトカバは体つきはカバとよく似ていますけど
丸っこく普通の動物って感じの容貌で,カバほど水中の生活向きに進化が進んでいない
祖先の姿に近い動物なんですね。

で,コビトカバ。
世界三大珍獣といえば漫画にも描きましたように
ジャイアントパンダ,オカピ,コビトカバの3つで,
ボンゴを加えて四大珍獣とよぶこともありますね。

スカンクとかゾリラとか,ホルスタイン,ダルメシアンなどいることはいますが自然界の哺乳類では珍しい白黒姿で見た目のインパクトが強いパンダはともかく,他のオカピやコビトカバはなぜ数あまたある動物たちの中で三大珍獣に選ばれたのか?
不思議な気がしますが,コビトカバはアフリカで発見された最初の報告が1843年,ジャイアントパンダをフランス人宣教師が西洋人で初めて四川省の山奥で見たのが1869年3月11日, オカピの完全な毛皮と頭骨を西洋人が初めて手に入れたのが20世紀に入った1901年ということで,いずれも西洋人にとって19世紀以降に発見された新種だからということじゃないかなと思っています。

コビトカバ Pygmy Hippopotamus 〜THE ANIMALS
http://animals.main.jp/mammals/pygmy_hippopotamus001.html

世界三大珍獣オカピ:20世紀になり発見された“森の貴婦人”とも言われるキリンの祖先。
〜珍獣図鑑アルパカパカス
http://www.alpacapacas.com/archives/326
オカピ Okapi 〜THE ANIMALS
http://animals.main.jp/mammals/okapi001.html

日テレ きょうは何の日 3月11日
http://www.ntv.co.jp/don/don_02/contents_02/2010/03/post-67.html

どれも発見されてから1世紀以上経っている今,特別扱いするのもどうかなという気がしなくもありませんが,オカピはキリンの頭部とシマウマのような縞をもつところが珍獣らしいともいえ,ある程度大きい動物のほうが見栄えもするのでこの3種類で定着してしまっているといったところでしょうか。
個人的にはバビルサとか生で見たことがないのでこっちのがよっぽど珍獣なんですけどね。
コビトカバは3コマ目に挙げた5つの動物園のうちの4園で見てますから(アドベンチャーワールドでは10年以上昔になりますけど,ふれあい動物園みたいな所にいた記憶が。今HPを見ると普通のカバしか見当たらないので要確認),希少感はあまりないですけど,日本にいることが恵まれていると考えたほうがいいかもですね。

大阪は万博公園内,エキスポランド跡地にできた商業施設エキスポシティにあるオシャレ系の水族館・ニフレルではコビトカバを「ミニカバ」と呼んで飼育展示しています(ブログにはupしていませんけど,今年の夏に行ってきました♪)。
https://www.nifrel.jp/archives/zukan/zukan/waterside/529

日本海側の動物園で唯一コビトカバを飼育しているいしかわ動物園(石川県能美市)はオランダの動物園から来たメスと,シンガポール動物園から来たオスのコビトカバをつがいで飼育しているということでポイント高いですね。見る方・見せる立場としては1頭いるかいないかでは全然違いますけど,動物の気持ちとしてはふだん単独生活してる種類でも繁殖のチャンスのない単独飼育はかわいそうに思えてしまうので。

いしかわ動物園
 カバの池 http://www.ishikawazoo.jp/guide/animal/hippo.html

石川県知事、シンガポール動物園を訪問−いしかわ動物園から送ったタヌキなど見学(シンガポール経済新聞 2014年7月9日)
http://singapore.keizai.biz/headline/5774/

コビトカバは4園で見て,それこそ私の中では普通のカバと同じような存在になっちゃっていますけど,いしかわ動物園のコビトカバもぜひ見に行ってみたいものです(特にコンプリートとかいう意識はないですけど)。


posted by ドージマ・ダイスケ at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

【行ってきた】 すみだ水族館「チンアナゴの日」2016&蜷川実花×クラゲ

今年も行われました!

東京スカイツリーのソラマチ6階にありますすみだ水族館で恒例となりました
11月11日「チンアナゴの日」のイベント,去年に続き今年も行ってきました♪

合言葉は「ゆらチン!」
11月11日「チンアナゴの日」イベント

http://www.sumida-aquarium.com/news/2016/11/14_news.html

2016年11月8日(火)から、クラゲの飼育ゾーンで写真家・映画監督の蜷川実花氏の作品で彩られた美しいクラゲ展示が展開中(2017年3月14日まで)。
161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ1.JPG

これまで6階と7階をつなぐスロープ通路がクラゲ水槽とインスタレーションで飾られたことはあったと思いますが(「クラゲ万華鏡トンネル」),それに加えて今回は,入ってすぐのミズクラゲ水槽から蜷川ワールド!
161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ4.JPG

161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ2.JPG
 161113すみだ水族館_蜷川実花×クラゲ3タテ.JPG


壁紙などにうってつけの,世界に2つとない自分だけの美しい写真が撮れる格好の撮影スポットですね。
ミズクラゲの大水槽は2つ並んでいますが,向かって右の水槽はクラゲが写真に写りにくいので正面の水槽がおすすめです。


「チンアナゴの日」ということで主役はあのチンアナゴ水槽のチンアナゴやニシキアナゴたち。
今年もニコニコ動画からスタッフが出張でこの日の閉館まで51時間連続の生放送。
161113すみだ水族館_51時間チンアナゴ生中継.JPG


このチンアナゴ水槽前に突如オットセイが3頭突入してくるサプライズも。
普通こういう動物の登場企画ってお客をどけて広めに通り道を確保するものですが
うっかり踏んじゃいそうなくらい客の中に突っ込んできて,もう大喜びです(私とか)
161113すみだ水族館_オットセイ出現.JPG


今年も数々の企画が行われました。
昨年に続き,
161113すみだ水族館_チンアナゴさぁゴハン.JPG
・チンアナゴが体を伸ばしてえさを食べる様子を観察
 「チンアナゴのさあ、ゴハン!」(1日3回)
・チンアナゴやニシキアナゴの産卵シーンや卵,稚魚の映像を流してスタッフが解説
 「チンアナゴアカデミー」
・館内に置かれたミラーボックスにLEDランタンの明かりを入れると
 チンアナゴのつぶやきが浮き出してくる
 「チンアナゴのささやき」
・皆で紙製のお面をつけよう
 「お面deチンアナゴ」
・お客から挙げられたチンアナゴから連想する言葉をもとに
 文筆家加藤ジャンプ氏が即興で小説を作りあげ、ギターで弾き語る
 「チンソニ即興小説」
・イベントのクライマックスは
 「チンアナゴのブルース」の大合唱
161113すみだ水族館_チンソニZフィナーレ.JPG
 ※去年は巨大チンアナゴ風船が大暴れして大爆笑でしたが今年は純粋に歌で盛り上がりました(^_^)。

などが行われ,
昨年はゆらゆらチンアナゴフィギュア「ゆらチン」目当てに長蛇の列ができた11月11日イベント,
私も並んでニシキアナゴのゆらチンをゲットしましたが,
今年はチンアナゴクイズ5問正解でチンアナゴのゆらチンをゲット(^_^)♪
161113すみだ水族館_ゆらチン検定.JPG
もう少し早ければ20歳以上111名限定「チンアナゴ型パッケージのムギ焼酎いいちこ」も選べたそうです。それはそれで興味ありましたね(ゆらチンはショップでも売り出されてましたし/すぐになくなってましたけど)。


昨年は夕方5時以降の入場時に合い言葉「ゆらチン」を答えると先着1111名に
ゆらゆらチンアナゴフィギュアがプレゼントされた「合い言葉はゆらチン!」
今年は,絵はがきにもなる11月11日始まりのチンアナゴカレンダー。
もらって「かわいい!」という声が幾度となく聞かれました。
161113すみだ水族館_御朱印帳とカレンダー.JPG

「ゆらチン」をゲットするもう1つの方法,それも5名限定で漆塗り風の特注一品物!
https://twitter.com/Sumida_Aquarium/status/796665423429189632
というのが
館内3カ所にあるスタンプを入場時に貰える「御朱印帳」に押したら抽選番号がもらえる
フィナーレイベントの抽選会。
赤,黒の漆カラーに桜模様などが施された特注5個に
おまけ1個(これもすみだ水族館のロゴマークが入った特注品)を加えた
6個のゆらチンが当選したのは女性ばかり(男性が当選して娘さんに
受け取りに行かせたっぽいケースもありましたが)で賞品受け渡し時の
加藤ジャンプ氏のトークも弾んでいました。


11月11日はチンアナゴの日であると同時に「ポッキー&プリッツの日」でもあるということで
館内「ペンギンカフェ」では江崎グリコとのコラボメニュー「ゆらチンポッキーパフェ」も出ていました。
161113すみだ水族館_ゆらチンポッキーパフェ.JPG
私が食べたのはコーヒーゼリー味のチンアナゴバージョンでしたが
このほかマンゴープリンを使用したオレンジ&白色のニシキアナゴバージョンもありました。


チンアナゴ祭りで盛り上がったこの日のすみだ水族館,
前回来たときとくらべて金魚の展示がいっそう充実していましたね。
見応えあります。
161113すみだ水族館_東錦?.JPG161113すみだ水族館_金魚_更紗.JPG


161113すみだ水族館_ジャンボオランダ.JPG

161113すみだ水族館_ブリストル朱文金.JPG

161113すみだ水族館_和金集まる.JPG



ハロウィンが終わって日本の商業施設は一斉にクリスマス仕様になりましたが
当館のショップに飾られたチンアナゴクリスマスツリー,迫力ありすぎない…?(;^_^)
161113すみだ水族館_チンアナゴクリスマスツリー.JPG

161113すみだ水族館_チンアナゴクリスマスツリー2.JPG


すみだ水族館を見終わって出たけっこう近くにこんな店も(^_^)。
11月20日までの予定みたいです
161113すみだ水族館_PPAPカフェ.JPG


↓去年の「チンアナゴの日」ですみだ水族館に行ったときの様子はこちら(^_^)。
【行ってきた】「1111」すみだ水族館チンアナゴの日
http://ddaisuke.seesaa.net/article/429627371.html



ゆらゆらチンアナゴ (ほるぷ水族館えほん)
ほるぷ出版

チンアナゴを自宅で飼おう!
林勇/kindle版
水族館で働くことになりました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
日高 トモキチ/KADOKAWA/メディアファクトリー
※すみだ水族館が舞台
posted by ドージマ・ダイスケ at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

【行ってきた】 碧南海浜水族館

めっっっっっっきり寒くなりましたね!この1週間で一気に外へ出るときネックウォーマーつけたり上着の下にベスト着て外にもダウンジャケット着てと着込むものが増えました。

さて私は先日愛知県東海市に出かけまして,そのついでに寄れるところはないかということで
碧南市の碧南海浜水族館に行ってきました!

一番近いのは南知多ビーチランドなんですけど,今の季節の閉館時刻16時30分まで入館時間が2時間程度しかとれなかったので,名鉄を乗り継いで1時間ほどかかるのですが少し遠くても持ち時間の間に見て回れそうかなと踏んで,今回は17時閉館のこちらを選択。

名鉄碧南駅から徒歩20分ほど。碧南市臨海公園を横切りながらで到着します。
1つ手前の碧南中央駅から6分ほどで行ける無料の市内循環バス(緑色のルート)が出ているのですが,1日4本のこのバスに,この日は5分ほど間に合わなかった。徒歩でも碧南駅と碧南中央駅はそれほど変わりません。

161104 碧南海浜水族館_パンフ.JPG
館内パンフレット,ここでは外国語バージョンが英語とポルトガル語の2種類。
ブラジルからの人が多いんでしょうかね。

市営(パンフに載っていた連絡先は教育委員会)らしく,子連れで気軽に回れる規模に1フロアでまとまっています(併設で2階には碧南市青少年海の科学館=無料 があります)。
161104 碧南海浜水族館_入口近くちびっこ魚展示.JPG

161104 碧南海浜水族館_入口近く水槽.JPG

こちらのメインとなる大水槽は水量200トンとなかなかの規模。
161104 碧南海浜水族館大水槽.JPG
奥行きが控えめで横に広いため,葛西臨海水族館のマグロスタジアムのように回遊する魚たちをけっこう間近で見られます。

私が行ったときはちょうど餌やりの時間(15時)が始まるところで,上から撒かれたりダイバーが与えるのではなく,筒で水の中に餌を投入するという方法で,興奮して餌に群がる大形魚たちを見ることができました。

161104 碧南海浜水族館_ギンガメアジ.JPG

ギンガメアジ
沖縄美ら海水族館などでも見られる魚ですが奥行きのある水槽だと大きい魚でもけっこう遠くにしか見えなかったり,同じような大形アジ類がたくさんいると種類の見分けがつかなかったりするのですが,ここでは同居する魚がコショウダイ,ゴマフエダイ,ニセカンランハギ,コガネシマアジ,イサキと形や模様,大きさの違う魚たちなので安心して見る事ができますね(^_^)。

161104 碧南海浜水族館_淡水水槽.JPG

こちら碧南海浜水族館,同じ愛知県の竹島水族館にはない大水槽を持っているかわりに他の大陸からワールドワイドに魚を収集してはいないという違いがありますね。しかし淡水魚では北海道のイトウから天然記念物のネコギギ,ウシモツゴといった希少種の繁殖まで日本の魚を幅広く取り扱い,海水魚も地元近海から南寄りの種類を中心に深海の魚なども含め数多く取り揃えていました。

161104 碧南海浜水族館_ハタタテダイ等等水槽.JPG

161104 碧南海浜水族館アブラボウズ.JPG

個人的には,食べると美味だが消化できない脂分を含むため激しい下痢を起こす事で知られるアブラボウズが想像通り立派なサイズで展示されていましたが,けっこうシュッとした魚体だったことが印象に残りました(^_^)。

161104 碧南海浜水族館イレズミフエダイ.JPG
そして,しながわ水族館でよく見かけた,よく目立つ魚体なのに種名表示が見つからず,図鑑や画像検索でも名前がわからなかったこちらの魚が,ここでの展示でイレズミフエダイということがわかりうれしかったです。

161104 碧南海浜水族館_キハッソク.JPG
あと,こちらのキハッソクとか,ゴマアイゴなど意外と他の水族館ではあまり見ない魚がけっこういて楽しかったです。


161104 碧南海浜水族館_アカマツカサ等水槽.JPG

また,この期間(2016年10月29日〜11月30日)は碧南高校科学部による魅惑の透明標本展開催中。
161104 碧南海浜水族館_透明標本.JPG

161104 碧南海浜水族館_透明標本2.JPG
11月3日・6日・13日の11時〜15時には部員による展示解説もあるそうです。
私が行ったのはそれら休日の隙間の日で時間的にも合わなかったので残念でした

だいたい30分もあればざっと見て回れる手頃な規模の水族館と思いますが,写真を撮りながら回る私は例によって閉館までの2時間で回りきれず最後は駆け足になってしまいました(;^_^)。
2階の青少年海の科学館も含め,もっとじっくり回りたい見どころの多い水族館でした。

碧南海浜水族館ホームページ
 http://www.city.hekinan.aichi.jp/aquarium/

アクセス・料金・開館時間
 http://www.city.hekinan.aichi.jp/aquarium/access.html

碧南市くるくるバス(無料循環バス)
 http://www.city.hekinan.aichi.jp/SHOUKOKA/kurukurubus/kurukurubus-top.html 


水族館・透明標本

posted by ドージマ・ダイスケ at 03:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人