2020年12月31日

【トップ固定】このブログにつきまして

このブログは,高校生物部のメンバーが
 高校で勉強する生物の内容を探究・紹介するマンガや,
 高校生や大学受験生が得する知識や興味深い話題,
 生き物に関する情報を提供することで,知的好奇心を刺激し,同科目の魅力を
 とことん知ってもらおうという読み物であります。


最近は、水族館や動物園の訪問レポートのエントリが多くなっております

当ブログは生物を愛するすべての人々を応援します。
高校生の皆さん,先生方,生物に興味のある方々,
どうぞよろしくお願い申し上げます。



ひらめきマンガが読みやすいよう,サイトマップ設けました。手(チョキ)
「萌えろ!高校生物I・II」 インデックス
 http://moe-biology.seesaa.net/


漫画・イラスト関係はpixivでもupしています。
 新作は一部構成を変えていたり内容を増やしているものもありますのでこちらもご覧下さい
 http://www.pixiv.net/member.php?id=1600934



晴れ生物の参考書・問題集紹介エントリーはこちら。本



icon_mikari_niko.JPG
 カラオケキャラクター紹介



  2/19,トップ画像更新しました。

「本を出すぞ!プロジェクト」発刊達成



bb_cover_表1_200×305.jpg
『マンガ 生物学に強くなる』

好評発売中!講談社ブルーバックスです。


一部高校では教材に採用されたことも(驚)
※関連エントリ→(2015年08月30日) (2015年10月01日)

講談社ブルーバックスサイト 
http://bluebacks.kodansha.co.jp/infopage/seibutsunitsuyoku.html
→Amazon →楽天ブックス



最近の ためになる(?)マンガ更新
ひらめき【受験生がんばれ】 本番で実力を発揮する方法(01/15) 


『萌えろ!生物IB・II S1』
ひらめき【生物基礎】 陰生植物と陽生植物 (2015/1/17・18)
Lesson1-03 生体膜の性質とはたらき(12p 11/25完結)
Lesson4-02 耳のつくりとはたらき耳(12p 6/1完結)

  次項有一覧

iモード萌えろ!高校生物T・U(本編)
  次項有一覧
Study10.氷河期って?(全6ページ 2011/03/16〜31)
Study9.春はEBIちゃんの季節♪(後編)(9/10 p16Up)
Study8.教科書から消えたナリアたん(10p晴れ 7/16〜8/28 →pdf

 次項有その他


喫茶店小ネタ
◆ここ最近はもっぱら『けものフレンズ』に触発されてオリジナルフレンズとかペンギン雑学など描いてました・・・
【オリフレ】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)(2017年04月29日)
【4コマ+おまけ3】 フルルの後輩(マゼランペンギンとケープペンギン)2(2017年05月11日)
【オリフレ4コマ+資料】トボガンとアデリー!!PPPのデザインと生息地の関係(2017年06月03日)
【4コマ】ペンギンなんでもランキング(2017年06月25日)
【4コマ】卵大好きフルル #けもフレ(2017年08月10日)
【2ページ】PPP予告!「ファーストペンギンとセミ」 #けもフレ(2017年08月11日)
【4コマ+おまけ】ピンクの秘密〜ペンギンの顔と換羽について(2017年09月18日)
【3コマ】北極vs南極 #けもフレ #オリフレ(2017年12月29日)


本ペン一夜漬けシリーズ手(チョキ) 入試にも役に立つ!たぶん…。
ぜひおためし下さい! (^皿^)/
【受験生がんばれ】 本番で実力を発揮する方法(2017年01月15日)
受験直前お役立ち?血糖量調節のしくみ論述(2p)病院2/20 Up
混ぜるな危険!血液型(3p)病院12/30 Up
糖の種類の覚え方(2p 08/09/10〜12)
 かわいいまだまだあります次項有一覧
 ※「覚え方」漫画のPDFは各最終ページにリンクがあります。




ビル高校の理科,それも生物専門という狭い内容のブログで
ここに来ていただける読者の方はかなり限定されるかと存じますが
おそらく他には類を見ないタイプのブログかと存じます。
どのエントリからでもお読みいただきまして
御意見等いただけると幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ人気ブログランキングバナーWCRバナー


挿し絵イラストも描いてます!
_本老化はなぜ進むのか (ブルーバックス)
→ご報告
2009年かぁ…時の経つのは早いものです →Amazon
posted by ドージマ・ダイスケ at 23:00| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(0) | 本を出すぞプロジェクト(★出ました★) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

【行ってきた】南紀白浜2019(4) アドベンチャーといえばいろいろ!

10月下旬,南紀白浜へ行った話,完結編♪

その(1)…白良浜・千畳敷・三段壁・京大白浜水族館
その(2)…アドベンチャーワールド<ペンギン編>
その(3)…アドベンチャーワールド<パンダ編>

南紀白浜遠征,アドベンチャーワールド体験感想,前エントリでペンギン,パンダときて,最後にほかの見どころをいろいろと。


入園口から一番近い「ペンギン王国」の1階,キングペンギンひなの隣には
今や日本では飼育頭数1ケタの希少動物であるラッコが。
20191109_白浜アドベン-10-1021o (59)ラッコ.JPG
日本動物園水族館協会所属の施設では
続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

【行ってきた】南紀白浜2019(3) アドベンチャーといえばパンダ!

10月下旬,南紀白浜へ行った話の続編♪

その(1)…白良浜・千畳敷・三段壁・京大白浜水族館
その(2)…アドベンチャーワールド<ペンギン編>

南紀白浜遠征,アドベンチャーワールド体験感想,前エントリでペンギンについてざっと紹介しましたところで,次はいよいよパンダ回^^。

入園からまっすぐ前進し続けると最初に到達する建物が「ペンギン王国」。
入園してエントランスドームを抜けたところで右に曲がると,同じくらい進んだところに見えてくるのが
「パンダラブ」(PANDA LOVE)です。
20191025_白浜アドベン40-1020o (233)パンダラブ.JPG

私が行った日にここで見られたのは,続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

【行ってきた】南紀白浜2019(2) アドベンチャーといえばペンギンじゃ!

10月下旬,南紀白浜へ行った話の続編♪

その(1)…白良浜・千畳敷・三段壁・京大白浜水族館

南紀白浜&生き物といえば,なんといっても世界レベルの展示動物がいる
白浜アドベンチャーワールドですよね。
20191025_白浜アドベン00-1020o (1)自動車入口.JPG

アドベンチャーワールドといえば,
上野動物園なんか目じゃない繫殖実績と現飼育頭数を誇るパンダ

という人が多いと思いますが,
ペンギン推しの私としては,まずはここにしかいない
エンペラーペンギン(コウテイペンギン)のひなを見て,他のすべてはそれから
という行程になります。

エンペラーペンギンがいるのは国内では名古屋港水族館とアドベンチャーですが
繁殖に成功しているのはアドベンチャーのみ
20191025_白浜アドベン1020-1o (11)エンペラー生れました.JPG
しかも続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

【行ってきた】南紀白浜2019⑴ 白良浜・千畳敷・三段壁・そして白浜の水族館といえば

先週末,南紀白浜に行ってまいりました^^
20191025_南紀白浜01_白良浜0-1020s (2).JPG

もちろん生き物関係の遠征ですが,若干の空き時間もあり
普通の観光名所も行ってきました。
まずは白浜の象徴,白砂のビーチ・白良浜(しららはま)。
日曜の朝に白良浜到着,町が動き始めるまでぶらぶらと。


20191025_南紀白浜_白良浜1020 (11)砂.JPG
「裸足で歩こう」がモットーのきれいな白砂ですが,
漂着物にも気が向いてしまうのが生き物好きの性
20191025_南紀白浜_白良浜1020 (13)漂着物.JPG

で,砂浜行くと,小さい穴があいてるの
見かけるときありますよね。
20191025_南紀白浜_白良浜2-1020 穴-tile.jpg

直径1cm以上,大人の指が入るくらいで,誰か棒でも突っ込んで開けた穴?
って思ったりもしますけど,掘り出された砂の跡が,
人工的じゃないよね,誰か中に住むために掘ったよね という生活感
朝の,あまり人に踏まれていない浜だからこそ見やすい証拠かも。

で,何がいるのかどうしても気になって,
ちょっと掘ってみたりしたのですが
(ほんの数分だけどちょっとじゃない)

20191025_南紀白浜_白良浜3-1020 (24)カニ.JPG
中にいたのはこんな子でした^^
カニは横歩きするものというのが世間一般の常識かなと思いますけど,
この子は前に向かって猛ダッシュして,その速さに驚きました。

20191025_南紀白浜_白良浜3-1020 (25)カニ.JPG
こうやって見てみると,
前から後ろに足を動かしても足同士が邪魔にならないつきかたをしていますね。
腹ばいになったときに足が平たくなっていて少しずつ上下にずれています。


やがて白良浜の中ほどに行きつくとそこにあったのは
ビーチサイド足湯
20191025_南紀白浜01_白良浜0-1020s 足湯(1).JPG
有料の温泉なのですが,秋冬の季節は無料の足湯に。
朝10時から(お湯が入り次第)。休みの日もあるので注意
20191025_南紀白浜01_白良浜0-1020s 足湯(2).JPG

白浜に到着した日曜は,
白良浜にほど近い観光協会でサイクルを借りて朝は千畳敷,三段壁経由へ。

20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p(1).JPG
千畳敷,人が映ると比較物があるのに逆に広さが伝わらないですね;^^
千畳って名前でイメージが膨らみすぎるところもあると思いますが1000畳は40m四方くらいなので(r

20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p(32).JPG

20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p(16).JPG

あと,釣りしてる人の前で跳ねてる魚が気になりました
20191025_南紀白浜_千畳敷-1020 p (39)跳ねてた魚.JPG
白良浜でもけっこう岸辺近くで跳ねてたんですけど,
写真をよく見ると,ボラですかね…


三段壁は海の青さがすばらしかった^^
20191025_南紀白浜_三段壁1020o (1).JPG

20191025_南紀白浜_三段壁1020p (2).JPG
翌日は自転車移動がありえないひどい天気だったので
この日に行っておいてよかった〜
(あれ,読みは「さんだんべき」SANDANBEKIなのか。
こうタイプすればちゃんと変換されるのかな?とやってみたけどやっぱダメだったw)

で,この日この後,行きましたのは,
白浜で水族館といえば,そう,
あそこに決まっていますよね。

京大白浜水族館!
20191025_京大白浜水族館01_1020 (4).JPG
日本では数少ない大学付属の水族館です。

展示生物はすべて白浜周辺の生き物ということで
小さい水槽などの設備で構成されているのかと思われそうですが
入場券を買って最初に目の前に現れるのが水量240トンの大水槽。
20191025_京大白浜水族館02_1020 (8).JPG

20191025_京大白浜水族館02_1020 (35)アジ.JPG
ロウニンアジ,ギンガメアジなどのヒラアジ類を中心とした
大形の回遊魚やサメ類を飼育しています。
20191025_京大白浜水族館02_1020 (34)サメ.JPG

この次は第2水槽室。
無脊椎動物の水槽がずらり20以上並び
サンゴ,ウニ,カニ,エビ,貝類,ホヤ,タコ,イソメなど約250種を展示。
各水槽には展示種の説明だけでなく,
その分類群に関する解説がパウチされたシートとして設置されているので
熟読したらその知識量は半端じゃない。軽く半日くらい過ごせそう
20191025_京大白浜水族館05_1020 (37)サンゴ.JPG

20191025_京大白浜水族館05_1020 (105)ヒシガニ.JPG

その無脊椎動物の水槽群を眺めながらふと後ろを振り返ると
またも群れをつくる魚の水槽が。
20191025_京大白浜水族館09_1020 (154)円形水槽.JPG


20191025_京大白浜水族館10_1020 (168) 標本展示コーナー.JPG
その次には標本展示コーナーなどありつつ…
20191025_京大白浜水族館11_1020 (167) 標本展示コーナー.JPG

季節の生き物や珍しい生き物を展示する
マリンギャラリー(第3水槽室)。
20191025_京大白浜水族館20_1020  (172) マリンギャラリー.JPG

20191025_京大白浜水族館21_1020 (240).JPG


最後の第4水槽室は干潟や岩礁・砂底などの生活環境別に設けた水槽と
ハタ類,ウツボ類,タイの仲間,ベラ・ブダイの仲間,カサゴ類など
近縁種どうしを集めた水槽群で構成。
どの水槽も,この密度で魚たちが元気に泳ぎ回っていて
水もきれいでけっこう見やすい。管理が行き届いているなあと感服しました。

20191025_京大白浜水族館30_1020 (276).JPG

20191025_京大白浜水族館30_1020 (267).JPG

20191025_京大白浜水族館30_1020 (288)ハナミノカサゴ.JPG

20191025_京大白浜水族館30_1020 (263)ウツボ.JPG

実は,この日のメインはやはりアドベンチャーワールドで,この京大白浜水族館は
行くだけ行っておけばいいか,午後5時閉館の1時間前に着けばなんとかなるかなと
4時過ぎに到着して閉館まで見て回っていたのですが,
やはり時間が足りませんでした(;^ω^)。
もっと時間(日数)に余裕をもって,じっくり見に来たいです。

京都大学白浜水族館
http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/aquarium/

冬休み期間には解説ツアー・バックヤードツアーを開催
http://www.seto.kyoto-u.ac.jp/aquarium/event-annai/kaisetsu-tour.html
posted by ドージマ・ダイスケ at 00:23| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

news◇忘備!イグノーベル賞&ノーベル賞2019

ノーベル賞,今年も受章者が一通り出揃いましたね。
昨年の医学生理学賞を受賞した本庶佑先生に続いて,今年は吉野彰先生が化学賞では9年ぶりとなる日本からの受賞となりました。

■ノーベル賞2019 自然科学部門各賞
10/7 続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 08:33| 東京 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

【かはく】 4コマ 学べる企画展「風景の科学展」

夏休み前の7月から始まった上野の国立科学博物館(科博)の「恐竜博2019」も
明日で終了なんですね。

関連:【行ってきた】見どころは人それぞれ!恐竜博2019

数年間隔でおこなわれる恐竜関係の特別展も毎回超人気で今回も60万人突破とのこと。
子どもの数は減っているのに、なぜ「恐竜博」で110分待ちになるのか(水曜インタビュー劇場〜ITmedia)

その科博の日本館1階で9月から行われている企画展
「風景の科学展 芸術と科学の融合」
世界中で撮影された美しい風景の写真と,その地にまつわる
地学・生物学の研究や資料を展示したもので
撮影禁止のため4コマ+αで紹介します。

続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | ◆イベント・生物オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

【問題集】激突!『入試標準問題集生物』vs『生物問題集合格177問』(2)問題の扱い

2つほど「行ってきた」エントリをはさみましたけれど,大森徹先生著『入試標準問題集[生物基礎・生物]』と田部真哉先生著『生物問題集合格177問 入試必修編』,それぞれの著者の戦略における今回の問題集の位置づけについて紹介した前回に続いて,今回は両者の共通点について紹介したいと思います。

 入試標準問_生.jpg
📖入試標準問題集[生物基礎・生物] 
大森 徹/文英堂 2019年08月01日
 田部生物問_合格177必修.jpg 
📖生物問題集 合格177問【入試必修編】
(東進ブックス 大学受験)

田部 眞哉/ナガセ 2019年08月6日


大学入試の二次対策といえば続きを読む
posted by ドージマ・ダイスケ at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | 【参考書・問題集】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 

ケイン 基礎生物学
東京化学同人